お子様との対面実現を目指し西宮で漢方を処方し不妊治療に大切な子宮内膜へ働きかけを

ご予約・お問い合わせ

西宮の不妊治療・彩り漢方薬局の評判

子宮内膜の状態次第で受精卵が着床できるか否かに変化が

西宮の不妊治療・彩り漢方薬局の評判

「子宮内膜症」という不調を聞いたことのある方は、きっと多くいらっしゃるのではないでしょうか。テレビなどでも時折聞くこの不調ですが不妊に悩む女性に多くの割合で発症しているというデータがあるほど、不妊とは切っても切り離せないものがあります。
また、子宮内膜の厚さが不十分、子宮内膜が硬すぎる場合も同様に受精卵の着床を阻害させてしまうため、子宮内膜の環境を受精卵が安心して着床できるように漢方で整えてまいります。


薄い子宮内膜をふかふかで厚みのある状態へ整える漢方とは

子宮内膜が厚くてふかふかであることが、受精卵着床の成功に大きく影響してくることは西洋医学と東洋医学で見解が一致しています。この最適な厚みを目指すにあたって漢方では「血流」が大切であると解釈しており、子宮内膜に流れこむ血液の量と速さがふかふかになるか否かを大きく左右します。
そのためには漢方で「血虚」と「瘀血」の改善を目指すよう働きかけを行う必要があります。「血虚」には四物湯・当帰芍薬散・人参養栄湯などといった漢方を、「瘀血」には温経湯・血府逐瘀湯・還元清血飲・桂枝茯苓丸などといった漢方を、それぞれの改善を目指して処方し、しばらくの間服用を継続することで内膜がふかふかに仕上がるようになってまいります。人間もふかふかなベッドでは優しく包み込んでもらっている感覚で安心できるように、もしかしたら受精卵も同様に子宮内膜へふかふかを求めるのかもしれません。

子宮内膜が硬くなってしまうことで受精卵の着床が未遂に

「瘀血」の傾向が見られる場合には、子宮内膜が薄く、さらに硬くなってしまう傾向があります。硬いと受精卵が着床しづらくなるのは想像に難しくはなく、経血の状態を見ることで「瘀血」で内膜が硬い傾向を簡単に見分けられられます。月経時の経血の正体はこの子宮内膜であり、内膜が剥がれて体外へ排出されるため、経血に何かしらの塊が発見されたり粘度が高かったりした場合には子宮内膜そのものが硬くなっている証拠となります。
「瘀血」の傾向以外においても、子宮ポリープ・子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫や子宮・卵巣に対する手術を受けたことのある方も同様に子宮内膜が硬くなってしまうことがあります。しかしながら内膜が硬くなっても「活血」を促す漢方や疎肝理気の漢方などを服用し続けることで、柔らかくふかふかな状態になる見込みがありますので、諦めずに長期的な視野を持って改善に向けてトライしてみましょう。

不妊の方々の多くに見られる「子宮内膜症」を漢方で軽減へ

「子宮内膜症」とは、本来子宮の中にのみ発生する内膜が、卵巣などといった子宮以外の箇所に発生してしまう不調であり、重度の月経時の痛みや出血過多の状態が起こり、毎月整理が起こる度に辛い思いをされている女性もいらっしゃいます。そしてこの子宮内膜症を抱えている女性の約半数に不妊傾向が見られると言われており、子宮内膜症の有無がいかに不妊と妊娠に大きく影響を及ぼすかが理解できます。
子宮内膜症を西洋医学で対応しようとすると服薬の影響でその間は不妊治療を一時中断しなければなりません。しかしながら漢方では中断せずに並行して対応が可能である点がメリットの一つであり、「桂枝茯苓丸」は日本でもその際によく使用されている漢方薬です。この不調は冷えによって起こるものと東洋医学では解釈されるため、気血を温めていきつつ瘀血を取るような漢方薬を服用し続けることで、克服が見られるケースもございます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。