拠点の西宮で不妊治療専門の薬局を営み多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などへも対応

ご予約・お問い合わせ

西宮の不妊治療・彩り漢方薬局のお客様の声

不妊の原因になるような不調も漢方で回復を目指す

西宮の不妊治療・彩り漢方薬局のお客様の声

不妊症の原因となるものは十人十色であり非常に多岐に亘るものですが、その中で「黄体機能不全」や「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」などといった不調に対しても漢方で働きかけを行うと、回復と同時に不妊の悩み克服も目指せます。
また、新しく判明した精子のDNAが損傷して受精卵の細胞分裂を阻害するというケースにも、漢方の服用でDNAの修繕を促します。このように、不調の原因を専門家である国際中医師が明確にしていくことで、目の前のお客様に最適な漢方を活用した対応方法が見えてまいります。


黄体機能不全を漢方での克服を目指し受精卵の着床を促す

子宮内膜の成長を促進させる働きをもった内分泌液が存在しており、それが黄体ホルモンです。この黄体ホルモンの分泌量が低下してしまう「黄体機能不全」が起こると、子宮内膜が着床に適した状態へと成長しきれず、せっかくの受精卵が体外へ出てしまう懸念がございます。いくら卵子の質と精子の質が良く細胞分裂が正常に進んでも、子宮内に定着できなければお子様を授かることができないのです。
黄体機能不全は「腎陽虚」の状態であると捉えられていて、主に腎への働きかけで回復を目指せる不調です。また、根がまじめな考えを持つ方にも発生する確率が高くなる不調であり、このことからも黄体の機能が不足する原因にもいくつか種類が分けられるのです。短期的な回復ではなく長期的に安定的な回復を目指すことで、子宮内膜が正常に整い、受精卵が子宮内で着床が成功しやすくなり細胞分裂を繰り返すことが当たり前になってくるでしょう。

排卵周期がバラつく多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)も漢方で

左右の卵巣内に多数の未発達で内部が水を含んでしまっている質の低い卵胞が溜まってしまう不調を多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と言います。卵巣内に卵胞が溜まってしまうと質の良い卵子の排卵が十分に行われず、受精がうまくいかないケースも出てきてしまうのです。
仮にその質の高い卵子を採取して体外受精を試みても細胞分裂が途中でストップしてしまう可能性が高まってしまうため、卵子の質を高める意味合いでも多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)への漢方を用いた働きかけはとても大切になってまいります。具体的には子宮や卵巣への血の循環を良くしていったり、卵胞の周りを取り囲んでいる異物を体外へ排出を促したり、といった取り組みを漢方で行うことで排卵が一月に一回定期的に行われるようになり、受精が完了できる環境が整っていくのです。受精に大きく関係する排卵の周期を整えることにも、漢方は大きく貢献できる可能性を秘めているのです。

男性側の不妊原因となり得るDNAの損傷の回復へと働きかけ

現代では不妊は女性のみにあるという認識は古く、男性側にも原因があることが研究でわかっています。例えば精子がいなくなってしまう無精子だったり、運動性が落ちて卵子のもとにたどり着けなかったりが候補に挙げられますが、比較的新しく判明したのが精子のDNAの損傷です。
これは卵子と精子が受精した後に細胞分裂を進める障害になってしまうことが懸念されておりますが、漢方を活用していくことでDNAレベルの修復を目指せるのです。「受精まではできるのだけれども、どうしてもその後の細胞分裂が途中でストップしてしまう」ことで、妊娠できないことにお悩みの旦那様の助けになってまいります。特に無精子や精子の運動性能の低下などはまだ原因がはっきりしていないものへの対処には体外受精が効果的ですが、その体外受精から胚盤胞の状態まで順調に進むためには精子の質という要素も大切であり、漢方での対応が可能です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。