どうしても不妊治療での体外受精がうまくいかないお客様へ西宮にて漢方を処方

ご予約・お問い合わせ

体外受精でお悩みの方へ

体外受精に何度チャレンジしてもうまくいかない原因とは何か

体外受精が失敗するのは卵子の質が原因の可能性も

一般的にタイミング療法の8倍、人工授精の4倍ほどの成功率を誇ると言われている体外受精は、卵子と精子を人工設備内で受精させてその卵子を再び女性の体内へと戻す方法です。この方法を何度も試してもうまくいかないことでお悩みの方は、卵子の質が悪いことで受精しづらくなっているケースが考えられます。
実は排卵誘発剤で「卵胞」のみが成長を促進しても、その成長に「卵子」の成長が追いつかず、未発達のまま排卵されてしまうことで質の悪い卵子ばかりになってしまうのです。質の良い卵子を排卵できるよう漢方で働きかけを行います。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

チェック卵の成長が遅いまたは早すぎる
チェックホルモン剤を注射しても卵が育ちにくい
チェック採卵しても空胞や変性卵が多い
チェック採卵しても受精率が悪い
チェック受精卵のグレードが低い
チェック受精卵の分割スピードが遅い
チェック受精卵の分割が途中で止まってしまう
チェック胚盤胞まで育たない
チェック受精卵にフラグメンテーションが多い
チェックホルモン補充をしても子宮内膜が厚くならない
チェック胚移植しても着床しない
チェック妊娠しても流産してしまう

質の良い卵子を排卵できるように卵巣の体力を回復させる漢方を

卵子の質を重視する上で、大切になってくるのが「卵胞」と「卵子」の成長リズムを一致させることです。卵胞とは卵子を包み込んでいる膜のようなもので、この中で卵子はすくすくと成長してきます。しかしながら、この卵子が受精に最適な大きさまで成長しきれないまま卵胞だけが成長してしまうと、未発達の卵子(質の悪い卵子)のまま排卵されてしまい、受精することが難しくなってしまうのです。
卵巣の体力低下が卵胞と卵子の成長の不一致をもたらす要因になるため、卵巣の体力を回復させるための漢方薬をお選びして服用していただくことで、卵胞と卵子の成長リズムを一致させるように働きかけてまいります。このような形で、質の良い卵子が成熟した状態で排卵されるようサポートすることで、受精されやすい卵子の確保を目指します。

卵巣・子宮内への血流を良くして卵子へ新鮮な栄養素を届ける

人間の細胞は血液によって食べ物などから摂取した栄養が運び込まれて、成長していきます。これは卵子も例外ではなく、卵巣・子宮内への血流に運び込まれた栄養が少なければ質の悪い卵子になり、良質な栄養が運び込まれれば質の良い卵子になります。ピルやホルモン剤を使うことで卵巣・子宮内への血流が悪くなるリスクがあり、その結果、卵子に栄養が行き届かずに卵子の質が低下していることがあります。
この場合は、体内にへばりついてなかなか取れない古い老廃物を漢方薬で取り除いていくことで、卵巣・子宮内に新鮮で栄養素たっぷりの血液が行き渡り、卵子が成長しやすくなる環境を整えてまいります。また、薬以外でストレスや自律神経の異常が原因で血流が阻害されているケースには、ストレスを軽減できるような漢方も一緒にお渡しします。

体外受精での妊娠が失敗続きの方が諦めずに済むようサポート

不妊に対する働きかけにおける最後の砦のような存在である「体外受精」ですが、その方法がうまくいかないと、妊娠は諦めるしかないのだろうかと気落ちしてしまっている方もたくさんいらっしゃいます。しかしながら、これまでそのようなお客様の心に寄り添いながら、漢方で体外受精がうまくいくような質が良い卵子の排卵のため、サポートを行ってまいりました。
人工的に受精するにしても、自然妊娠を試みるにしても、大切なのは「妊娠力を高めていくこと」であり、それを漢方で実現できるようお客様に最適な漢方を厳選いたします。そのためにしっかりとしたカウンセリングと、漢方の視点を活用してお身体の状態を見て、総合的に体外受精がうまくいかない原因を絞り込んでいき、お子様と対面できる未来へとお客様が歩いていけるよう、お支えします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。