子宮内膜への着床を無事に完了させるため西宮で相談に乗り漢方による不妊治療を

ご予約・お問い合わせ

子宮内膜、着床について

妊娠が成立するために必要な条件を漢方で整えるようサポート

受精卵が着床を終えて初めて赤ちゃんが成長できます

「妊娠」とは一般的には受精することであると認識されており、確かに基本的にはその通りなのですが、正確には受精しただけでは妊娠が成立しないのです。無事に質の良い卵子が精子と結びついた後に、子宮内膜への着床が完了することで初めて細胞分裂が着実に進みます。
不妊治療に勤しむ方の中には、仮に受精が完了してもこの着床が完了しないために不妊に悩んでいるケースも見られ、この場合にも漢方における働きかけで改善を目指したサポートが可能です。

受精卵がしっかり着床する際に必要になる子宮内膜の厚さ

精子と結びついた卵子が細胞分裂を行うためには、黄体ホルモンの働きでふかふかになった子宮内膜に着床する必要があります。しかしながら、その子宮内膜の厚さが不十分だと受精卵が着床できなくなるケースが見受けられます。体外受精においても、内膜の厚さが少なくとも7〜8mm以上ないと移植できない基準があり、これは7mm以下では着床率が大幅に低下するというデータがあるためです。
内膜が薄くなることは東洋医学では「陰血」であると解釈し、その他にも栄養分を内膜へ送れない状態の「腎虚」があるケースもございます。栄養を補う働きがある「補血」、必要に応じて「補腎」の漢方を服用していただくことで、子宮内膜がふかふかに発達するよう促し、赤ちゃんがふかふかな内膜で安心して成長できるよう、サポートいたします。

子宮内膜が硬過ぎると受精卵が着床できないケースが想定されます

内膜が厚みを帯びていても、仮にコンクリートのように硬い状態であったら、赤ちゃんは安心して成長できるでしょうか。ゴツゴツしていて居心地が悪く成長の妨げになるかもしれません。子宮内の赤ちゃんが実際にどう思うかはともかく、内膜が硬いと着床できないこともあり、西洋医学においてもその見解は東洋医学と一致しています。
子宮内膜が硬い状態は、血が滞っている状態を指す「瘀血」と、気の巡りが芳しくない「気滞」、この二つが原因であると想定されます。これらは緊張による過度のストレスをはじめ、手術などによって内膜部分が硬くなる、喫煙、子宮内膜症の発症などが元で起こり得ます。その場合は「疎肝理気」などのような、「活血」を促進させる漢方を用いることで、子宮内膜がまるで毛布のようにふかふかに柔らかくなるよう働きかけます。

卵子が良質で子宮内膜がふかふかの状態で着床できない原因とは

卵子が成熟した状態で排卵され受精卵が誕生し、子宮内膜がふかふかと厚みを帯びて柔らかい状態であれば、しっかり着床できる可能性は高くなります。しかしながら、これだけの好条件が整っていてもまだ着床未遂が起こるケースがあり、原因が三つほど考えられます。
一つ目に「免疫のバランス」が整っていないことで受精卵に対して内膜が拒絶反応を示してしまうケース、二つ目にストレスなどによって内膜に炎症が発生してしまっているケース、三つ目に子宮内の痙攣が起こっているケース、これらが想定されます。免疫の調整のためには「活血剤」を、炎症には熱に対応可能な漢方を、痙攣には「去風」の漢方薬を処方することで、好条件化における着床未遂を未然に防ぐように促します。このように、ご夫婦が赤ちゃんと対面する未来を目指しましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。