FSH(卵胞刺激ホルモン)の数値が高く不妊治療が難しいと言われた方も西宮で対応

ご予約・お問い合わせ

FSH

FSHが高いことと多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)との関連性

卵巣機能が弱まっていることに漢方で働きかけを

比較的年齢が若い女性に多く見られる排卵障害として多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が挙げられ、未成熟の卵胞が卵巣内に蓄積してしまい月経異常などを引き起こし不妊の原因の一つにもなります。
そして、未成熟の卵胞が蓄積してしまう=卵巣機能が弱っているためFSH(卵胞刺激ホルモン)が多量分泌されるということが起こり、嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方はFSHの数値も同時に高くなる傾向がございます。つまり卵巣機能を漢方を用いて回復へと働きかけることが、この二つが同時に改善へと向かうよう促すことにも繋がるのです。

FSH(卵胞刺激ホルモン)とはどのような働きをするものなのか

人間には外分泌液(汗・皮脂など)と内分泌液(各種ホルモン)があり、体外で汗が分泌されるのと同様に、体内ではホルモンという内分泌液を脳が脳下垂体から分泌させて、体の機能をコントロールしています。FSH(卵胞刺激ホルモン)とはその内分泌液のうちの性腺刺激ホルモンの一種で、卵巣を刺激して卵胞の発育を促すものです。
卵巣の機能が正常の場合はFSHは必要なく、数値が低く出ます。そのため、FSHが高い数値が出てしまっている=卵巣機能が弱っているためホルモン分泌で補おうとしていると解釈できてしまい、卵胞の発育に支障が出ていることがわかるのです。しかしながら、必ずしも卵巣機能が弱いサインというものでもなく、FSHはストレスによっても数値が高くなる場合があり、どちらの原因によって高いのか見極めが必要です。

漢方を用いてFSH(卵胞刺激ホルモン)が高い状態へ働きかける

東洋医学の観点でFSH(卵胞刺激ホルモン)が高い状態は、「肝陽上亢」の状態であると解釈されます。まず生殖能力の低下(腎陰不足)が根本原因にあり、そこにストレスから発生した「肝陰不足」が合わさることで「肝陽上亢」に発展し、FSHの分泌が多く必要になるのです。
そこで、肝腎を補う漢方薬と肝を鎮める漢方薬を合わせて服用していただくことで、卵巣機能が正常な状態に戻っていき、FSH分泌の必要性がなくなり数値が下がっていく傾向がございます。そしてFSHはストレスの影響も受けやすいため、同時に「腎」を高める対応が大切になってくるのです。このように卵巣の機能を漢方で回復するよう促すことで、FSHが必要ない状態に近づけていき、卵胞がしっかり発育して質の良い卵子が正常に排卵されることを目指してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。