黄体機能に支障があることで不妊治療に勤しむご夫婦に西宮で経営中の薬局で漢方を処方

ご予約・お問い合わせ

黄体機能不全

子宮内膜がふかふかになるために黄体機能不全に漢方薬で対処

せっかくの受精卵が着床できるように「腎」へ働きかけを

卵胞と卵子の成長スピードが同じくらいで質の良い卵子が排卵され、無事に精子と結びつき受精卵が完成したところで、いよいよ着床して細胞分裂を繰り返し赤ちゃんの姿になる段階に入ります。
しかしながら黄体機能不全になっていると子宮内膜がふかふかにならず、受精した卵子が子宮内膜に着床できずに体外に出てしまいます。卵子が受精することと子宮内膜がふかふかになって着床が完了すること、この二点がそろって初めて子宮内で赤ちゃんが成長を始めます。この子宮環境を整えるために「腎」へフォーカスした漢方処方を実施いたします。

子宮内膜が発達せず着床が未遂になる黄体ホルモンの機能不全とは

黄体ホルモン(プロゲステロン)とは、卵胞が成熟して同様に成熟した質の良い卵子の排卵が起こったときに分泌されるホルモンのことで、子宮内膜をふかふかに整えて、精子と出会って受精した卵子が子宮内膜へと着床しやすくする役割があります。黄体機能不全が起こってしまうとこの子宮内膜がふかふかにならず、せっかく受精した卵子も着床できないケースがございます。
体温で見ると低温時期に受精・着床が完了する時期にあたるのですが、黄体ホルモンの分泌が足りないことによって、低温相と高温相の境目が曖昧だったり、高温相が判明しても約10日間と短く終わってしまったり、妊娠しづらい状態になってしまいます。子宮内膜をしっかりとふかふかにして、受精した卵子を受け入れられる状態にすることにも、漢方は役立ってまいります。

東洋医学の観点における漢方を用いた黄体機能不全への対応法

東洋医学においては主に「腎陽虚」であると黄体機能不全を解釈していて、生命力の源とも言われる「腎」への働きかけを主体に対応いたします。しかしながら、腎を弱くしている原因は十人十色で、その原因を無視した腎への働きかけは徒労に終わる可能性もあり、しっかりとしたカウンセリングによる原因の特定が大切です。
腎陽虚以外にも、腎陰虚・肝鬱・血瘀・脾虚などが想定され、単体ではなくこれらが複合化した原因によって黄体機能不全になるケースが多くございます。その場合は漢方を複数種類お渡しすることで、一時的な黄体機能の回復ではなく、永続的な回復を目指していきます。黄体ホルモンが正常に分泌され、卵子が受精できる質の良い状態であれば、子宮内膜にしっかりと着床しお子様と将来対面できる可能性も高くなるでしょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。