排卵がうまく行われない不調にも西宮で漢方を用いての不妊治療で対応が可能

ご予約・お問い合わせ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)も漢方を用いて改善を目指します

他のものよりも比較的自然妊娠が実現しやすい不調です

左右の卵巣内に多数の未成熟の卵胞ができ排卵できずに月経異常を起こしている状態を「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と呼びます。正常な状態の女性の場合1ヶ月につき一つは質の高い卵胞が育って排卵が起こりますが、この不調を抱える方の卵巣内には質の良くないような、中に水を含んだ卵胞がたくさんできてしまい、その一つひとつが質の高い状態まで成熟しにくくなっているため排卵時に受精できる確率が減ってしまうのです。
生殖に適した年齢の女性の5〜8%はこの不調であると言われ、排卵障害の中で最も多い傾向がございます。まだはっきりとした原因が判明しておらず、AHMが高い(卵胞の数が多い)ときはこの不調の疑いがございます。この不調を漢方の力を借りて克服を目指し、質の高い卵子が排卵される身体を作り上げていきます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で不妊が起こってしまう原因とは

左右の卵巣内に多数の未成熟の卵胞ができ排卵できずに月経異常を起こしている状態を「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」と呼びます。正常な状態の女性の場合1ヶ月につき一つは質の高い卵胞が育って排卵が起こりますが、この不調を抱える方の卵巣内には質の良くないような、中に水を含んだ卵胞がたくさんできてしまい、その一つひとつが質の高い状態まで成熟しにくくなっているため排卵時に受精できる確率が減ってしまうのです。
生殖に適した年齢の女性の5〜8%はこの不調であると言われ、排卵障害の中で最も多い傾向がございます。まだはっきりとした原因が判明しておらず、AHMが高い(卵胞の数が多い)ときはこの不調の疑いがございます。この不調を漢方の力を借りて克服を目指し、質の高い卵子が排卵される身体を作り上げていきます。

漢方で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)へ対応し自然妊娠を目指す

西洋医学において多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)へは排卵誘発剤の使用や手術で排卵させやすくする方法が取れられ、こちらが有効なケースもございます。東洋医学においてはこの不調の原因が四つの型に分かれており、その中のいくつかの複合型であるケースが多々あります。自然妊娠を目指すにあたっては、漢方で顆粒膜細胞に働きかけを行ってホルモンのバランスを整えていくなどの方法が挙げられます。
また、一般的に排卵期において「気血」が活発化するために排卵が起こるのですが、この気血が何かの影響で弱まっているため、排卵できないとも解釈できます。その場合には気血の巡りを整え、異物の排出を促す漢方を用いることもございます。この不調は他のものに比べても自然妊娠が実現しやすいものでもあるため、希望を持って一緒に歩みましょう。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。