自然妊娠を目指して不妊治療に奮闘する女性へ拠点の西宮で妊娠やすい体づくりを支援

ご予約・お問い合わせ

自然妊娠を希望の方へ

妊娠しやすい体の状態へ漢方で整え自然妊娠を二人三脚で目指す

皆様が本来持っている妊娠力を高めるための漢方とは

皆様は「妊娠力」という概念についてご存知でしょうか。人間の体には誰しも生まれ持った妊娠力が備わっているものの、日頃のストレスの蓄積や生活習慣の乱れなどによって妊娠力が本来の力を発揮できず、自然妊娠できないことに悩むご夫婦が不妊治療に臨まれるケースも多々ございます。
自然妊娠できるか否かは、妊娠力の状態次第で左右されると言っても過言ではないものであり、自然妊娠を望まれるのであれば、漢方を活用して妊娠力を本来の高い状態に戻すような働きかけをおすすめいたします。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

チェックそろそろ赤ちゃんがほしいけれどなかなか授からない
チェック親や友達からの期待がストレスに感じる
チェック結果が見えない治療がストレスになってきた
チェック体外受精を繰り返してもうまくいかない
チェック病院での検査上では異常がないのに子宝に恵まれない
チェックいずれ妊娠するものだと思ったがなかなか難しい
チェック高齢出産が進んでいるのでなんとかなると思っていた
チェックそろそろ2人目を考えている


 

漢方を活用することで妊娠しやすい体づくりを目指します

人間の体というのは非常にバランス良く構成されており、そのバランスが整って初めて生命活動が正常に働きます。妊娠もその生命活動の一つと捉えることができ、自然妊娠できないことにお悩みの女性には、体のどこかで何かしらのバランスが崩れ、「妊娠力」が低下している恐れがあります。
では漢方における「妊娠力」を高める体づくりとは何かというと、ホルモンバランスの調整、受精した卵子を受け入れる子宮内膜の状態の調整、受精するのに最適な状態である質の良い卵子の成長を補助、子宮内への血流不足の原因にもなるストレスの暖和、貧血の改善など、多岐に亘ります。お客様一人ひとりのお身体の状態を見て、これらのどの要素がその方の妊娠力低下の原因になっているのか、見極めた上で最適な漢方薬を調合します。

子宮の力と関わりのある「腎」の不調を漢方で整え妊娠力を高める

一般的に「腎」と聞くと腎臓のことだと考える方も多々いらっしゃり、実際に腎臓のこともこの「腎」には含まれます。加えて漢方の概念では、生命力の源と捉えられていて、この中に子宮や卵巣の力も含まれています。そのため不妊に悩む女性はこの「腎」の働きに異常があると考えられ、それを漢方で整えて妊娠力を高めていきます。
この腎は加齢や生活習慣が乱れることによって弱っていき、妊娠しづらい状態になってしまいます。漢方には補腎薬というものがあり、腎の働きを整えるよう働きかけます。この補腎薬は多種類存在し、代表的なものには参茸補血丸・海馬補腎丸・プラセンタエキス・至宝三鞭丸・瓊玉膏などがございます。こうして腎の働きを活性化させることで、子宮・卵巣の環境が妊娠しやすい正常な状態へと整えていきます。

その他に冷え・鬱血・ストレスなど妊娠の障害になるものへ対応

「妊娠力」という概念には非常に多種類の要素が含まれており、先ほどご紹介した「腎」の機能についてもこの妊娠力の一部です。妊娠力を低下させる要因にはその他にも様々なものが考えられます。例えば、卵子が成長するためにはもちろん栄養が必要であり、その栄養を子宮まで運び込む血液の循環が悪くなっていると、卵子が成長し切らずに卵子の質は自ずと低下してしまいます。そのため、特に女性に多い手足の冷えや鬱血などといった不調が、回り回って妊娠力の低下を招いている可能性も否定できません。
そしてこの血の巡りの滞りを招く要因には、西洋医学で不妊治療に活用する薬の服用なども考えられますが、最も身近なのはストレスです。そのストレスや冷えそのものに対しても妊娠力の向上に必要な場合には、漢方薬で対応することもございます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。